MENU

ハイドロキノンとはどんな成分

ハイドロキノンは、写真の現像の際に使われている還元剤や塗料の原料やゴムの酸化防止剤にも使われており、美容において美白効果が期待されていることから、サンスクリーンなどの日焼け止めやシミやニキビ跡の改善としての美白クリームにも配合されています。

その反面で刺激が強い成分ということから、国内で販売しているハイドロキノンが含まれた美白化粧品は4%以下に抑えるという決まりがあります。 ヨーロッパの多くの国では発がん性への懸念があることから、使用自体が禁止されることもありますので、扱う時には注意が必要です。 肌荒れのリスクがあることから、本格的に使う前にパッチテストで確認することで防ぐことができます。

方法としては比較的皮膚の薄い部分に、前もってハイドロキノンが含まれている絆創膏を張り付けて24時間程度放置してから皮膚の状態を確認し、炎症や赤みが出なければそのまま使っても大丈夫です。 また刺激が強いことから何もなっていない部分にまで付けてしまいますと、白斑のような肌トラブルを起きてしまうこともあります。 くれぐれも使い方には注意をし、シミやニキビの跡の部分に塗っておくことによって、効果を体感してみましょう。

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンを配合している化粧品は、正しく使うことによってシミやニキビの跡が改善するだけではなく、商品によってはシミの原因となっているメラニン色素の量を抑えることもできることから、お肌の衰えが気になっている人によっては有難い効果ともいえます。

しかし刺激が強く濃度が高いほど皮膚の負担も掛かり、肌質によっては炎症や赤みなどのトラブルも引き起こすこともあります。 ハイドロキノンを気になっている部分に塗る前に、二の腕など皮膚の薄い部分でパッチテストしてから始めることが適していて、皮膚の弱い部分に少し付けて24時間放置してから肌トラブルが起きていないか確認してから使い始めましょう。

より効果的に使うには洗顔が終了してから、20分後に気になっている部分に塗りこむのがベストされていますが、時間がない時でも何も付けていないままでは膚への浸透率が良すぎて肌トラブルになってしまうことから、その場合はスキンケア終了後に塗りましょう。 シミやニキビ跡に塗る際に指に付ける方法もありますが、関係ないところまで塗ってしまいますと白斑になってしまうこともあることから、シミやニキビ跡が小さかったら綿棒などを使ってピンポイントに浸透させましょう。

ハイドロキノンを使うときは紫外線に注意

ハイドロキノンは指示通りに使うことによって、色が濃かったシミやニキビ跡が薄くなり目立たなくなってくることもあることから、お肌の老化現象で悩んでいた人にとっては嬉しい成分です。 しかし使い方を誤ってしまいますと炎症や白斑などの皮膚トラブルを起こしますので、効果が高い分だけくれぐれも使い方には慎重におこないましょう。

シミやニキビ跡など改善する効果がありますが、使用中にも注意することが幾つかあり、その中でも紫外線を浴びないように気を付けないとならないです。 紫外線はシミの原因にもなっていることから、気になっている人ほど普段からもケアしておりますが、ハイドロキノンは紫外線に反応しやすい成分とされており、浴びてしまいますと返ってシミが濃くなることもあります。

外出しなくても窓から反射されたりするなど、室内にいても行動パターンによっては紫外線を浴びてしまうケースもありますので、ハイドロキノンを使っている時には室内が問わず必ず紫外線対策をおこないましょう。 ポイントしては使用時間を考えることがカギとなってきますが、刺激が強い成分ということから長時間の使用も避けることも必要なので、生活パターンに合わせながら上手に使うことが改善への近道ですね。

更新履歴