MENU

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは、写真の現像の際に使われている還元剤や塗料の原料やゴムの酸化防止剤にも使われており、美容において美白効果が期待されていることから、サンスクリーンなどの日焼け止めやシミやニキビ跡の改善としての美白クリームにも配合されています。
その反面で刺激が強い成分ということから、国内で販売しているハイドロキノンが含まれた美白化粧品は4%以下に抑えるという決まりがあります。
ヨーロッパの多くの国では発がん性への懸念があることから、使用自体が禁止されることもありますので、扱う時には注意が必要です。
肌荒れのリスクがあることから、本格的に使う前にパッチテストで確認することで防ぐことができます。
方法としては比較的皮膚の薄い部分に、前もってハイドロキノンが含まれている絆創膏を張り付けて24時間程度放置してから皮膚の状態を確認し、炎症や赤みが出なければそのまま使っても大丈夫です。
また刺激が強いことから何もなっていない部分にまで付けてしまいますと、白斑のような肌トラブルを起きてしまうこともあります。
くれぐれも使い方には注意をし、シミやニキビの跡の部分に塗っておくことによって、効果を体感してみましょう。